戻る
PCクラブ研修会

   PCクラブ特別講演「パソコンをもっと知ろう!」が7月9日(木)京都山城NPOパートナーシップセンターで開かれました。PCクラブのメンバーと宇治国際交流クラブ員合わせて29名が参加いたしました。 
   ゲーム業界から脱サラされパソコン教室を開業8年目と自己紹介してくださった湯上裕之様にお話を伺いました。 パソコンの仕組みとコンピュータウイルスについてのお話でした。 パソコンの中にはその頭脳にあたるCPUと、仕事をする場所いわば机を提供するメモリーと、いろんなデーターを保存するハードデスクドライブがあって、その実物も見せていただきました。この三つが大事な部分だそうで、その大きさでパソコンの動きが速くなったり遅くなるとのお話。電器屋さんのチラシを見てみると、具体的な詳細はパソコンの写真の横に小さくかいてあります。広告を見る時CPUの銘柄、ハードデスクとメモリーの大きさ(数字で表示してあります)を見、それから値段を比べると、どれが本当にお安い利口な買い物であるかが分るそうです。何も知らずに買っていたなぁと思いながらきいたことでした。
  コンピューターウイルスの話も、自分だけがウイルスの被害者になるだけでなく、知らない間に加害者になってしまうとのことでした。それにはインターネットをする場合は必ずなにかウイルス対策ソフトを入れ、怪しいメールは開けないで削除することだそうです。
   近々発売されるというウインドウズ7については、少し様子をみるほうがいいとのことでした。パソコンの能力は無限に近く私たちが使っているパソコンはそのほんの一部の能力であり、まるで巨大な象の小さい耳の穴を触っているような物だと聞いたことがあります。またアナログ世代の私たちにはまだまだ分らないことばかりのパソコンの世界ですが、大事なことがほんの少しですが、理解できたかなと思いました。 宇治国際交流クラブのご支援を得て、PCクラブのメンバーのための研修会が出来ました。ありがとうございました。
                                    PCクラブ世話役 小永井宏子
フリーリンク
◆動画で見るウイルス 〜セキュリティ被害疑似体験〜
http://jp.trendmicro.com/jp/threat/movie/
◆ウイルス感染体感シュミレーター
http://is702.jp/special/414/partner/34_I/
◆インターネット セキュリティ ナレッジ
http://is702.jp/partner/34_I/