この日はクリスマスケーキを作るにふさわしい?寒い1日でしたが、37名の方が参加されました。
   暑いお国のクリスマス料理に皆さん興味津々で講師の方々の説明を聞いておられました。クスクスを作るのに使用する日本の蒸し器に似たお鍋をベンケイさんが、ケーキを作るのにマイ調理道具を持って来てくださったマリアさん。お二人ともありがとうございました。
   講習中ではあちこちでため息?や感嘆・・・・。楽しいひと時でした。
試食でも日本語の上手なお二人の講師を囲み話が弾んでおりました。

   これから世界中でクリスマスのお祝が行われます。世界中の子どもたちが笑顔でこの日を迎えられますように・・・。

     クリスマスケーキづくりとチュニジア料理

宇治国際交流クラブ主催 小さな国際支援・スマイル担当


  参加者の皆さまのコメント

 たのしかったです。
   また、いえでケーキをつくりたいとおもいます。
    ブリックとケーキがすきです。おいしかったからです。
   ほんとうにありがとうございました。(ミャンマー)

   This event is so meaningful. We can got to learn how to cook and know more friends too. I hope that this event can hold more often。(マレーシア)

   初めての外国料理にチャレンジした事やいろんな人とお話をした事、皆で作るのはワクワクしてとても楽しく,あっという間に時間が経ちました。また次回の機会にはぜひ参加したいと思います。

   大変楽しかった、皆で料理を作る事は初めで良かったです。

   チュニジアの料理を作って、食べて、珍しい味でまるで外国へ 行ったようでした。
ケーキもチーズクリームをベースに作るのにはビックリしました。

   
   日  時   12月20日(日)13:00〜16:00 
   場  所  宇治市生涯学習センター・3階調理室

   フィリピンのクリスマスケーキ:ブラック・フォーレスト 講師  繁田マリアさん
   チュニジア料理:クスクスとブリック                           講師 ベンケイ(BelighElbalti)さん

   会員21名 外国人3名 非会員11名 講師2名    参加者 合計 37名 

小さな国際支援・スマイル担当の事業“クリスマスケーキづくりとチュニジア料理”が開催されました。始めに小さな国際支援・スマイルの活動報告等をされました。

ベンケイさんにはチュニジアの家庭料理をお母様のレシピを元にクスクスとブリックを、マリアさんにはフィリピンのクリスマスケーキ、ブラック・フォーレストの作り方を講習していただきました。