この日は朝から大雨でした。参加者からのキャンセルが入ったり・・とみんな意気消沈して集合場所へ・・・。しかしなんと集合時間になったとたん雨はやみ、晴れ間さえ見え始めました。まずは月桂冠大倉記念館に集合。酒造りの工程のビデオを見てから資料館を見学しました。ロビーで吟醸酒やプラムワインをいただき、その後色分けされた10のグループに分かれウォークラリーに出発。コースはカッパカントリー・黄桜記念館→からくり時計・銀座発祥の地→西岸寺→寺田屋→十石舟船着場→長建寺。各ポイントで文字が1字書かれた紙をもらい、最後の長建寺で5つの文字をあわせて言葉を作りました。その後全員がお土産をいただいて解散。解散後またもや大雨!ウォークラリーの時だけ雨はやんでくれていたのです。 なんてラッキーだったのでしょう!

かつて豊臣秀吉が築いた伏見城の城下町として栄え、また京都と大阪を結ぶ淀川水運の港町として賑わった伏見の名残りを感じながら、地図を片手にみんなで楽しく歩いた一日でした。日本語教室のスタッフの皆様、担当役員の皆様、お疲れ様でした。


参加者からの感想文

外国人の方に日本文化の一端を紹介する機会として意義があったと思う。日本へ関心を深めてもらう大きな契機になります。また教室から現場に出て、楽しく学ぶことが重要だと思います。役員、スタッフの皆様、休日にも関わらず大変ご苦労様でした。

酒蔵見学ができるとのことで、今回の行事に参加しましたが、散策ゲームがあるとは思っていませんでした。スペインの人たちと見物もそこそこに、カード集めに汗をかき、チョッピリ疲れました。でも外国の人たちは大喜びでした。イベント企画されたパワーに感服です。ただチェックポイント3,4が無ければ、もう少し地域の歴史を感じ取れたのでは・・・と。でも楽しかったです。企画された皆様方に御礼申し上げます。

伏見酒造りのイベントに初めて参加して、外国の人達の生活文化などを語り合いながら伏見の町を歩き、会話ができて楽しい日であったと思います。もともとお寺、神社を見て廻るのに興味がありまして、有名なところはほとんど廻りましたが、まだまだ見たいところが沢山あります。又英会話にも興味があります。今回参加したことは有意義でした。今後も外国の人達と交流出来ればいいと思っています。有難うございました。

 It is a really good event not only for general knowledge but also for improvement of Japanese language.  Grouping together with foreigners and Japanese is a good arrangement and that can make tour more alive and more interesting.

9月21日()  10:20〜12:45
参加人数:会  員 27名
         非会員   9名
     外国人 23名
     子供   2名

最後のポイント、長建寺でそれぞれのグループが5つの文字で作った言葉を披露しました。
     (写真をクリックしてください。大きく見えます。)

@月桂冠大倉記念館で、まずは小永井会長の挨拶から始まりました。
A 醸造にも使用されている地下6メートルから汲み上げられる地下水。
B資料館では江戸時代の酒造りの様子を描いた絵図と工程に使われた酒造用具が展示されています。
C
十石舟が往復する湊川の岸辺で。柳の木がとてもきれいでした。
D
黄桜記念館カッパカントリーの前で。
E
寺田屋の前で。江戸時代の船宿で坂本竜馬が泊まったとして有名です。
F
西岸寺で。油かけ地蔵が祭ってあります。
G
からくり時計の前で。残念ながら時計が時間を告げるのは午後からで見ることはできませんでした。