インドネシアの楽器 アンクロンを演奏する、インドネシアの学習者と日本語教室のスタッフ。竹で作られているとても優しいきれいな音色の楽器でした。

インドネシアの民族舞踊を踊るウィディアさんとエミリアさん。昔見た映画「南太平洋」を思い出しました

皆さん真剣に考えて答えの「○」「×」をあげています

学習者それぞれの国に関するクイズが出題されました

上手な日本語で一人ずつ、来日直後の悲喜こもごもな出来事を上手な日本語でスピーチする日本語教室の学習者の皆さん。

皆さん軽食をとりながら交流をしています。
食事しながら会話が弾みます

伊勢村会長の挨拶でスタートしました。

賑やかな話し声と楽しそうな笑い声のなか、盛りだくさんのイベントが終了しました。
ご協力いただきました、宇治国際親善協会、日本語教室、宇治国際交流クラブフ
レンドシップサポートの皆様
ありがとうございました。

学習者ひとりずつポーズを取りながら出場のファッションショー、その後の記念撮影

日本語教室のスタッフが学習者の女性に着物の着付けをしています。とても上手に着せてもらって皆さんとても嬉しそうです。

 外国人のクイズにチャレンジしよう!   

日本語教室担当の“外国人のクイズにチャレンジしよう!”が1月19日(土曜日)宇治公民館で開催されました。今回の事業は今年創立20周年を迎えた宇治市国際親善協会との共催で行われました。
まず、軽食を取りながらの交流から始まり、日本語教室のマルバツクイズ、スピーチと続きました。
中国、スペイン、インドネシア、フィリピン、ミャンマーなどから来られている学習者によるスピーチは流暢な日本語で、時には笑いありの見事な内容でした。
第二部はインドネシアの民族楽器“アンクロン”の演奏で始まり、カナダのカムループスから来られているAET3人による国際交流講演会(宇治市国際親善協会主催)に続きました。
写真をみながら姉妹都市であるカムループスの自然、文化、教育などを解りやすい英語で語っていただきました。
そして最後は学習者の方々が着物姿で舞台に登場し、その可愛い姿に会場からは大拍手でした。
寒い中にもかかわらず参加者約100名の新春にふさわしい華やかな大イベントとなりました。

アメリカからのAET ゼインさんが流暢な日本語でカナダのAET3人を紹介しました。

スピーチをするカナダのAET Kaitlynさん ・Kateさん ・Juliaさん   


参加の感想を頂きました

Kさん・・久御山町から参加させて頂きました。宇治のパワーにショックを受けました。
     こんなに近くに住んでいながら、凄いカルチャーショックです。

Sさん・・皆さん日本語がお上手でびっくりしました。踊りや民族楽器の音色が素晴らしかったです。
     AETの方からみせてもらったスライドはきれいでした。

Kさん・・外国の文化に触れる事ができて大変喜んでおります。このようなイベントが今後とも催されることを望みます
     大変ありがとうございまし。

Y.Mさん・・Everything was fantastic. I was really satisfied. Thank you.


世界の文化交流会