クリスマスの味わい
 
                                                      エーバ・ペウフクリネンさんより

 私は、クリスマスの頃になると、フィンランドが恋しくなります。やはり、クリスマスのお祝いは、フィンランドでするのが一番だと思います。

 フィンランドでは、12月になると、クリスマスを迎える準備が、各家庭で始まります。家の内外の掃除や飾りつけ、プレゼントの用意や買い物、そして、ピパルカック(クリスマスのクッキー)の香ばしい匂いが、家々からただよい始めると、クリスマスの到来を実感します。家によって違いはありますが、クリスマスのクッキーは数種類、ヨウルトルト(パイ)、プッラ、幾種類ものクリスマスパン、カリヤランピーラッカ、オーブン料理も数種類、7キロくらいもある焼き豚、鮭1匹丸ごとの燻製、ロソリ(3色のサラダ)、デザート、それにケーキも何種類もあります。勿論、コーヒーは、フィンランド人にとって欠かすことは出来ません。


 12月24日、昼12時、教会の鐘が鳴り響き、クリスマスの平和がフィンランド中にアナウンスされます。それが静かなクリスマスの始まりです。騒音や争い、ドンチャン騒ぎは絶対にいけません。それぞれの家庭に家族が集まり、イエス・キリストの誕生をお祝いします。居間のクリスマスツリーの根元には、きれいに包装されたプレゼントが山のように置かれています。クリスマスサウナのメニューもあります。夕方ころ、家族そろってテーブルを囲みます。先ず、聖書からクリスマスの箇所が読まれ、感謝のお祈りがされます。ローソクの炎のゆれる中、テーブルに置かれている何種類ものクリスマス料理を、自分の皿に取り分けて食べます。テーブルマナーは、家族でもしっかりあります。年長の女性から取りはじめ、最後は子供です。平和なクリスマスの楽しいひとときです。


 食事が一段落すると、ツリー下のプレゼントの番です。エーバと自分の名が書いてあるプレゼントを見つけると、胸がわくわくします。私は家族の愛情を感じたものです。必要な物、楽しい物いろいろありました。

 子供のいる家庭では、「コンコン、コンコン」とドアをノックする音とともに、赤い服、赤い帽子の髭むじゃのサンタクロースが入って来ます。「ここに、いい子はいるかね。」なんて言いながら、プレゼントをくれます。

 クリスマス・イブの晩は、ベットに入るのは遅くなりますが、25日の朝は早く起きます。6時から教会ではじまるクリスマス礼拝に、白い雪の積もった中を車で家族そろって行きます。教会の中はクリスマスを祝う人でいっぱいです。「今日、ダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ、主なるキリストです。」とメッセージがあり、マイナー調のフィンランド・クリスマス・ソングが次から次にたくさん歌われます。それが終わると、家に帰り、クリスマス休暇を楽しみます。

 勿論、私は、日本におりますので、ここで心からクリスマスを喜んでお祝いしています。しかし、フィンランドでは、クリスマスの時、飛行機や列車が運行を取りやめることも珍しくありません。そんな国で生まれ育っていますので、初めて日本でクリスマスを迎えた時のことは忘れられません。24日の午後、突然大音量で、「古新聞、古雑誌、ぼろ、段ボールなどはございませんか。」を耳にして、大きなショックを受けたことも事実です。大切なことは、本当のクリスマスは心に来ます。平和と喜びでいっぱいのクリスマスを迎えましょう

        
          幼稚園時代の私(中央)。兄と姉もいます。さあどれでしょう?               友達の家でクリスマス。
          懐かしく、楽しかった時代の思い出がいっぱい詰まっています。

       
       フィンランドの冬景色。SUOMIはフィンランドのこと。         兄の家でクリスマス。子供(甥)はお父さんを
                                              本当のサンタクロースと信じています。

  
 

     フィンランド政府観光局HPより抜粋したものに追加・編集をしました。                     


  
 ABC                                                          

お便り 11月

11月18日は当クラブのイベント「フィンランドのクリスマス」が開催されます。これをを記念して、今月のお便りは「フィンランド特集号」とします。エーバさんの小さい頃ののクリスマスのお話などや、フィンランド共和国の紹介簡単なフィンランド語の紹介をいたします。

No.1