会長挨拶

クラブ概要
宇治国際交流クラブ規約
名称 第1条  本会は、宇治国際交流クラブという。
目的  第2条  本会の目的は、次の3点とする。
       1 日本文化、外国文化への理解を深める。
       2 広く地域に呼びかけた研修、交流を持ち、親睦の輪を広げる。
       3 友好都市、地域在住の外国人との交流を深める。
会員 第3条  入会を希望する者は、規定の入会届けを提出する。
第4条         会員は会費(年間2000円)を納入しなければならない。
組織 第5条  年1回以上の総会を持ち、本会の活動に関する必要な事項を議決する。
第6条         本会には次の役員をおき、月1回の役員会をもつ。
        会長1名 副会長2名 会計1名 庶務3名 広報3名
第7条  役員は総会で選出し、任期は1年とするが、再選は妨げない。
          但し、連続しての役員就任期間は2年間を限度とする。
第8条       会長に就任するものについては、第7条の連続しての役員任期を3年間までとする。
第9条  会の目的に応じて、実行委員会を設けることができる。
第10条  本会に顧問を置くことができる。顧問は役員会の承認を得て会長が委嘱する。        
会計 第11条  本会の経費は会費、補助金をもって充てる。
第12条  会計年度は毎年4月1日から3月31日までとする。
第13条  会計報告は総会において承認を得なければならない。
規約改正 第14条  本規約の変更、または記載のない事項については総会で議決する。
付則         1 本規約は1991年11月30日から適用する。
        2 初年度に限り、会計年度および役員の任期は、
            1991年11月30日より翌年12月31日までとする。
        3 1992年12月13日、年度末総会にて一部改正。
        4 1994年4月2日、総会にて一部改正。
        5 1996年2月18日、総会にて一部改正。






 一昨年、昨年に引き続き今年は会長という大任を受けてもう一年間続投する事になりました。未熟ではございますが新役員の方々と協力して、また会員の皆様のお力をお借りして誠心誠意務めさせていただく所存でおります。どうぞよろしくお願い致します。今年はみんなで参加!をモットーに今まですべて役員が計画しておりましたイベントを会員の皆様も一緒に計画段階から参加していただこうという全員参加型のイベントに一部切り替えました。このことで会員の皆様が少しでもクラブの活動、イベントに興味を持っていただけたらと思っています。

宇治国際交流クラブも今年で結成14年目を迎え、活動も幅広くより充実したものになってきました。昨年はクラブの4つのグループ活動に加えて、会員の皆様に少しでもコンピューターに慣れ親しんでいただこうとPCクラブを立ち上げました。お陰様でクラブのホームページも多くの会員の皆様に見ていただくようになり、随時「お知らせ」や「ご案内」または「イベント報告」をお伝えする事が出来るようになりました。また昨年はJICAを通して発展途上国の子供たちに学用品、おもちゃ、スポーツ用品などの贈り物を送りました。JICAの方からは子供たちの喜ぶ写真とお礼の手紙を何回もいただきました。今年もこのような支援活動に皆様のご理解とご協力よろしくお願いします。

そして3月には宇治鳳凰ロータリークラブより地道に地域活動に貢献している団体に送られる鳳凰賞をいただきました。私たちの日頃の活動を評価していただき大変光栄に思っております。今年はこの鳳凰賞を記念しました事業も計画しております。

今、世界各地では悲しい出来事や恐ろしい災害がたくさん起っています。先日もやっと自主再建に向けての取り組みが始まったばかりのスマトラ島沖でまた大きな地震がありました。このことは自然を侵略し、また互いに争い合う私たち人間に対する地球からの警告であると考えなければなりません。世界が平和で一つになるということを願いつつ、私たちはこれからも微力ながらも地元での国際交流活動を続けていきたいと思っております。

                                                            森本 町子

         
        2005年度本部役員と担当


       会 長  森本町子

        副会長  伊勢村紀久子(庶務担当)  今川 博(広報担当)


        会 計  大阪三雄

        広 報  井口世志美  大塚由紀子  栗山 玄

        庶 務  北川奈緒美  小西千恵子  三宅公子

近辺地図へ